毎回、昭和にヒットした曲をセレクトして、何故その曲がヒットを生んだかをつのださんならではの切り口で紐解いてもらう約15分程度の番組。
また合わせて、その曲の制作に携わった作詞家、作曲家、アレンジャー、歌手の方のエピソードやお人柄などを紹介するコーナーも行います。

第6回(前篇):つのだ☆ひろのありったけ~

つのだ☆ひろさんが、紐解く昭和歌謡のヒット曲のワケ

第6回目の今回は、女性として史上初の国民栄誉賞を受賞した歌謡界の女王、美空ひばりさんにフォーカス。
12歳という若さでデビューして天才少女歌手と謳われて以降、歌謡界・映画・舞台などで活躍した昭和を代表する歌手である美空ひばりさんのデビューのきっかけやどのようにして全国的な歌手になったのかなどを解説しております。

また、キャスターのつのだ☆ひろさんの幼少期のアイドルである美空ひばりさんのヒット曲も収録しておりますので合わせてお楽しみください。
美空ひばりカバー曲 『東京キッド』

つのだ☆ひろ

ヒット曲「メリー・ジェーン」等でおなじみ、『昭和』を代表するミュージシャンの一人。現在は音楽活動の他にも音楽学校を経営し、後進の指導にあたっている。『昭和歌謡』に造詣が深く、論理的かつ共感性の高い解説を披露する。